お餅についての回答

 

 

お餅に関する回答

 
お餅は一般にはカビが生えやすいものですが、個包装パックではどうしてカビが生えないのですか?
おもちのカビが好む酸素をカットし、窒素(N2)を充填しています。
これらをクリーンルーム内のよりきれいな工程で包装しておりますので、カビをシャットアウトできるのです。

▲戻る


カビが生えたとしても、食べられるのですか?
食べられません。カビの部分が少しでしたら、カビの部分を完全に切り取って、良い部分だけを召し上がってください。表面に多くカビの生えたものは、食べずに捨ててください。

▲戻る


お餅は太ると言われますが、本当ですか?また、なぜそのように言われるのですか?
お餅は美味しいので、ついついたくさん食べてしまいがちです。自分が思っている以上にカロリーを取ってしまっているのです。炊き立ての美味しいご飯を食べるとついついお替りしますよね。お餅は、加熱して温かい状態で召し上がるので、いつも美味しい状態で食べることのできる、食味的にはある意味、「お金のかからない贅沢なご馳走」とも言えます。美味しいからと言って、食べ過ぎにはご注意ください。

▲戻る


お餅は焼くとどうしてふくらむのですか?
おもちの生地に含まれている空気が加熱されることで膨張し、お餅をふくらませます。やがて、表面でうすくなったところが破れて、へこんでしまいます。

▲戻る


お餅に保存料は使用されていますか?
お餅の原料はもち米100%で、保存料等の食品添加物は一切使用しておりません。
搗きたてのお餅を長時間保持する為に、衛生的な工場で無菌化生産をしております。
また包装袋に脱酸素剤を添付し、袋内の酸素を除去してカビが発生しにくくしております。
ただし、包装袋は開封すると袋内に空気が入ってしまうので、数日でカビが生えてしまいます。開封後はなるべくお早めにお召し上がりください。

▲戻る


お餅にアレルギー物質は含まれていますか?
原材料は国内産水稲もち米100%使用しており、アレルギー物質は含まれていません。
米アレルギーの方の場合は、お召し上がりになられないほうがいいかと思います。

▲戻る


お餅は開封してからどれくらい日持ちしますか?
開封前は包装袋に記載の賞味期限内にお召し上がりください。
開封後ですと賞味期限に関わらず、1週間から1ヶ月以内にお召し上がりください。特に個包装タイプでないお餅は出来るだけお早めにお召し上がりください。
その際、真空容器に入れる、又は輪ゴムで袋の口をしっかり止めるなどの処置をして、袋内に空気が入らないようにしてください。
また冷凍されますと、表面が割れる・硬くなるといったことが起こるかもしれませんのでご注意ください。

▲戻る


丸餅、切餅、板餅の重量・大きさを教えてください。
以下の通りになります。

  重 量 大  き  さ
丸  餅 約30〜35g 直径約5〜6cm 高さ約1.5〜1.8cm
切  餅 約45〜55g 約6.5×約4×約1.6cm
板  餅 約40〜50g 約6.3×約4.5×約1.2cm

▲戻る


お餅1個当たりのエネルギー量を教えてください。
約35gの丸餅1個当たり約80kcalです。約50gの切餅1個当たり約110〜120kcalです。

▲戻る


直接買えますか?
当社ではバラ売りはしておりませんが、一箱単位でしたら購入できます。

▲戻る


法事用のお餅は作っていますか?(仏壇に供える20〜30gのお餅)
硬いお餅でよろしければ、当社のまるもちで代用できます。

▲戻る


義士の切餅と他社の切餅の価格が違うのですが、なぜ違うのですか?
店頭価格は販売者様(スーパーや小売店の方)がつけられます。当社では決定できません。

▲戻る


10gの小さなお餅は、煮ると溶けてしまいませんか?
溶けてなくなってしまうことはございませんが、長時間煮られますと、煮崩れを起こしますので、やわらかくなりましたらすぐお召し上がりください。

▲戻る


個包装内に水滴がついているのですが、食べても大丈夫ですか?
水滴は気温差により生じた結露だと思われます。お召し上がりになられても大丈夫です。

▲戻る


切り餅の重さが微妙に違う(例えば53gと48gなど)のです。大きさは同じように思いますが、なぜでしょう?
そうです。同じ大きさに切って切り餅にしますが、実は切り餅の中には気泡や空洞も含まれていて比重が違うことがあります。どうしても完全に同じ比重にはしにくいのです。

▲戻る


よく、関東が「切り餅」「角餅」、関西が「丸餅」と言われますが、どこの地域がその境界ですか?
元々お餅は、お供えした鏡餅の形からきた丸餅で召し上がっていました。従って、文化・歴史の古い地域は丸餅という事になります。「切り餅」「角餅」は江戸時代になって「のし餅」が誕生し、それを包丁で切って調理するようになったものです。その境界線は、新潟・糸魚川―金沢―関ヶ原―三重―和歌山・南紀 と言われています。
ただし、美味しいもち米の収穫できる地域では、伝統的に餅つきを良く行って集落全体で食べる風習の名残で、東日本・北日本でも、切り餅よりまる餅をいただく地域があります。北海道の名寄、秋田の本荘、山形の庄内などいくつもあります。餅つきをすれば、そのまま手で絞って丸く餅をちぎり、そのまま汁粉や雑煮にしたり、きな粉や餡をつけて食べますので、まる餅が自然な形として受け入れられています。

▲戻る


お雑煮は、「すまし」か「味噌」か、どちらが多いですか?
これも、地域によって違いますが、「切り餅」文化の地域はすましです。「まる餅」文化の地域は両方あります。関西は白味噌が多いですが、江戸時代に関東からお殿様が来られた地域ではすましも根づきました。お正月一日目が「白味噌」、二日目が「すまし」という様に両方召し上がる地域もよくあります。

▲戻る


たまに、お店で1kg 200円や300円のとても安い切り餅を見ます。なぜ、このようにもち米よりも安いような値段で売られているのですか?とても不思議に思います。
恐らく、海外から輸入されているもち米の粉を使用されているものと思います。お米や小麦は輸入が禁じられていますが、15%以上違う原料や成分を分離できないようにすれば、輸入できるようになっています。 海外で安価なもち米を粉砕して微粉にし、それに15%以上、米以外の粉体を混ぜて日本に輸入されています。当社では粉からおもちを作ると、米粒を蒸して作ったお餅とは違う触感になり、 また、煮とけやすくなりますので、お餅には一切使用を禁止しています。

▲戻る


うすく切った「スライスしゃぶ餅」を買いましたが、袋を開けてしばらく置いておいたら、お餅の表面にスジがはいりました。なぜですか?
お餅の表面から水分が飛び、乾燥したからヒビ割れの状態になったものと思われます。食味上は問題ありませんが、こういった薄いお餅は袋を開けられたら、出来る限り早くお召し上がりください。もし、しばらく保存される場合は、空気を出して開け口をしっかり閉じて冷蔵庫で保管し、一週間以内に使い切られますようお願い致します。

▲戻る


おもちの栄養について教えてください。
ごはんとほぼ同じです。詳しくは当社HP「モッチとキナーコの美味しいひそひそ話」をご覧ください。

▲戻る


貴社のお餅は、とてもコシがありながら、また、よく伸びますが、なぜですか?
ありがとうございます。まず第一に良い原料を選んで使用しているということです。次に「お水につける」「蒸す」「むらす」「搗(つ)く」「冷ます」といった工程を、極力、昔ながらの工程で行っているということです。たとえば「搗く」のも大きな杵(きね)で、100回くらいついて、お餅をつきあげています。こういったあらゆる面での万全さをもって、よりよい製品作りに努力しております。今後ともお気づきの点、どんどんお申し付け下さい。

▲戻る


お餅はどうやって食べると1番おいしくいただけますか?
ポピュラーなのは、何度か醤油をつけて焼き、のりで巻いて食べる食べ方か、きな粉で食べる食べ方です。また、砂糖醤油につけても良いですね。もちろん、おしるこ・ぜんざいに入れてもおいしく召し上がれます。 新しい食べ方で最近多いのは、チーズ系のメニューです。「おもちピザ」「おもちグラタン」などチーズとの相性がとてもいいです。それから「天ぷら」にするのもいいですよ。おもちはあっさりした味わいなので、ちょっとしつこそうなチーズやバター、油には合うんですよ。 また、お好み焼のトッピング具材として使うのもちょっとしたブームになりつつあります。

▲戻る


お鍋で切り餅を食べていたら、柔らかくなった切り餅の表面に虫がくっついて出てきました。はじめからお餅にくっついていたのでは?
それは(あくまで推測ですが)恐らく、鍋の中の水菜やも白菜、春菊などの具材にくっついていた虫が、切り餅の粘りのある表面にくっついたものと思われます。お餅は、100回くらい杵でついておりますので、万が一、虫がいたとしても、原型をとどめることはありえません。またその後、包装するまでの工程は、半導体の生産工場のようなクリーンルームで生産を行っておりますので、虫が混入することは考えにくいと思います。また、これまで同様の事故は発生しておりません。

▲戻る


お餅を食べると、歯にくっつくので気持ち悪いのですが、大丈夫ですか?
特に、当社のお餅は粘りが強いのでそのようにお感じになられることと思います。当社の切り餅、丸餅、鏡餅のいずれともそのような事かと思います。お餅は、ご飯と同じ澱粉質ですので、しばらくすると溶けて口の中から胃の方に行きますが、どうしても気になられるのでしたら、お餅を食べられたあと、野菜や肉などを口の中でいつも以上によくかんで召し上がられましたら、それで結構お餅は歯から取れていくと思います。

▲戻る


ばらもちは「生まるもち」となっていて、SPは「生」がついていないが、POP上はどうすればよいか?(お店の方よりのご質問)
「生」とういうのは、包装後非加熱殺菌という意味でつけています。SPは賞味期限が長いので、ことさら「生」を強調するのは望ましくないと思っています。SPのポップとしては、「つきたてのおもちを1個づつパックしました。」というようなものが望ましいと思います。

▲戻る


ばらもちのPOP表示は他にもっと適切な表現はないか?(お店の方よりのご質問) 
「お徳用」とか「お雑煮用」とかでも、よろしいかと思います。

▲戻る


まるもち1kgに何個のまるもちが入っているのか?
30個です。

▲戻る


きれいなおもちの焼き方?
おもちの上に指の先におしょうゆをつけてから、押します。それでオーブンで焼くと、とてもきれいに焼けます。

▲戻る