和粉についての回答

 

 
 

白玉粉に関する回答

 
アレルギー源はありますか?
白玉粉の原料のもち米にはアミロペクチンが含まれていますのでお米アレルギーの方にはおすすめできません。

▲戻る


白玉粉の出来上がるまでの工程を教えてください。
水に一晩つけたもち米をすりつぶして牛乳のような状態にします。それを脱水し固形にしたものを細かく裁断し、乾燥させて製品にします。

▲戻る


白玉粉は身体に良いのですか?
白玉粉のみかけは粒状ですが、実はかなり細かい粉が集って、粒状になっているんです。ですから、白玉粉で作ったおだんごは、とてもまろやかで繊細な味わい・舌ざわりになります。
もちろん、消化が良く胃腸に負担をかけませんし、栄養分の吸収も大変良いのです。
特に乳幼児やお年寄りの方には最適ではないでしょうか。

▲戻る


白玉粉の料理メニューを教えてください。
和菓子の皮なら、ほとんど使えます。白玉粉だけではやわらかすぎるというのであれば、上新粉などを半分混ぜて生地にすると、コシのあるもち生地となります。
また、ぜんざいやスープ用のおだんごとして使います。
あるいは、かき氷やアイスクリーム、あんみつなど冷たいメニューにもよく合います。
クレープの皮にも、小麦粉に混ぜて使えます。

▲戻る


白玉粉はいつぐらいから、食べられているのですか?歴史を教えてください。
室町時代のころから食べられてきました。昔は、寒い冬に凍てた米を細かく砕いてだんごの原料に使ったのが始まりのようです。

▲戻る


白玉粉は、実際にどのくらい(の期間)まで食べられますか?
水分の低い乾物食品ですから、相当期間日持ちします。また、粒状ですので、虫もつきにくく保存に適しています。
微妙な風味の違いはあっても、保存状態が良ければ、4〜5年以上問題なくご使用できるでしょう。

▲戻る


白玉粉は調理してからは、どの位もちますか?
当社の製品で1日は大丈夫ですが、それ以上は保管条件にもよりますので、一概には言えません。
砂糖を20〜30%混ぜて生地を作りますと、4〜5日はやわらかいまま日持ちします。

▲戻る


白玉粉は調理してから、水につけて保存しておいた方がいいのですか?
その方がくっつかなくて良いとは思いますが、水がぬるくなったら臭いがすることがありますので、時々取り替えた方が良いでしょう。しかし2日以上おくと芯が固くなるので、1日以内にお召し上がりください。

▲戻る


白玉粉の原料の産地はどこですか?
国内産水稲もち米100%でいくつかの産地米をブレンドして作っています。

▲戻る


漂白剤は使用されていますか?
白玉粉の原料はもち米100%から作られており、漂白剤や保存料は一切使用しておりませんので、ご安心下さい。

▲戻る


白玉粉ともち粉はどこが違うんですか?
製法が違います。
白玉粉はもち米を水挽きし、圧搾脱水して乾燥させますが、もち粉はもち米を水にさらさずそのまま粉砕した粉です。
なお、当社ではいずれも水稲もち米を原料にしておりますが、メーカーによってはもち粉にうるち米の原料を使用されているところもございます。

▲戻る


白玉粉と上新粉の違いを教えて下さい。
白玉粉はもち米からできています。
上新粉はうるち米からできています。白玉粉はつやのあるもちもちしたやわらかいお団子ができ、上新粉はこしのあるしっかりとした食感のお団子が作れます。

▲戻る


揚げ物で上新粉や米粉の代わりに白玉粉を使えますか? 
ごま揚げ団子などの牛皮(あんを包む外側の皮)に使われます。片栗粉のような用途では粉状に細かくすりつぶすと使えますが、普通は価格も高く手間もかかりますので、わざわざお使いにならなくてもよろしいかと思います。

▲戻る


1袋(200g)でお団子はいくつ作れますか?
お団子の総量は白玉粉と水の総重量で決まります。
白玉粉200gに水180gで丁度よい割合ですから約10gの白玉団子なら約40ヶ、約20gの白玉団子なら約20ヶ出来ます。
団子1個の重量は25gくらいでひと口の大きさになります。白玉粉200gの場合、約15個作れます。
ただし、用途又はお好みに応じて大きさを変えることにより、出来上がり個数も変わります。
均等な大きさにするには練った生地を丸める前に棒状に伸ばし、切り分けると簡単です。

▲戻る


お団子を作っていたら、手にべとべとくっつきます。どうしたらいいですか?
おそらく加える水の量が多すぎた為と思われます。
白玉粉を追加して耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねてください。
もし白玉粉がなくなってしまったのでしたら、上新粉や片栗粉などのほかの粉を加えてください。

▲戻る


お団子に芯が残って困るのですが。
水加減は粉のだいたい9割で、耳たぶくらいの柔らかさに調節してください。
球形にせず、少し平たく円盤に近い形にすれば中まで熱が通り、おいしいお団子になります。
加熱、浮き上がってきたら約1〜2分おいてから、冷水にあけてください。

▲戻る


白玉粉が水に溶けないのですが。
加水量が少ないと思われます。
粉に対して当社製品の場合、9割水を入れてください。
それでも硬い場合は、手を水で湿らせながら加水して混ぜ(こね)、丁度よい硬さになるまでやってみてください。

▲戻る


白玉粉だけでみたらし団子は作れますか?
白玉粉だけで作りますと、柔らかいお団子になり、焼いたときに網にくっつくかもしれません。
上新粉など、うるち米が原料の粉を混ぜて作られますと、程よい硬さのお団子ができます。お試しください。

▲戻る


ぜんざいにお団子を入れるときはどうしたらいいですか?
お団子を茹でて食べられる状態にしてからぜんざいに加えて下さい。

▲戻る


作ったお団子の保存方法を教えてください。
調理後1〜2日間ならば水中に入れて保存してください。(特に夏場の場合、冷水で保存し、水も何回か取り替えてください。)
もう少し長い期間保存するのであれば、急速冷凍しておくと、ふやけたり、硬くなったりしません。
茹でてから冷凍するか、お団子状に丸めたものを冷凍し、召し上がられる時に茹でていただく方法もあります。

▲戻る


作ったお団子を冷蔵庫で保存したいのですが、何日くらい持ちますか?
冷蔵庫で保管されますと、1日以内に団子の芯が少し硬くなり始めます。
4〜5日経ちますと、かなり硬くなりますが、再度加熱すればまた食べられるようになります。
1〜2日の保管でしたら、冷水の中に入れておかれるほうがよいと思われます。

▲戻る


作ったお団子を翌日まで保存するにはどうしたらいいですか?
水に入れて冷蔵保存してください。
翌日、お団子の表面がふやけてしまったときは、水で洗っていただきますと、きれいに仕上がります。

▲戻る


未加熱のお団子を冷凍保存できますか?
冷凍保存できます。召し上がられる前に必ず加熱調理してください。

▲戻る


未加熱の白玉粉を口にしても大丈夫ですか?
お召し上がりにならないでください。必ず加熱したものをお召し上がりください。

▲戻る


白玉粉の義士マーク100点は、どのように送ればいいのでしょうか。義士マークを貼り付ける台紙はないのでしょうか?
封筒に入れて送ってください。
台紙はご用意しておりませんので、点数マークはバラバラのまま送ってくださって結構です。

▲戻る


白玉粉ともち粉でしたら、どちらの方が小さい子供には良いですか?
白玉粉の方が、より消化が良くていいのではないかと思います。

▲戻る


日持ちする保管方法を教えてほしい。
少しやわらか目に練って下さい。また、お砂糖を2〜3割入れて練ってください。製造後、冷蔵庫に入れますと、芯から硬くなっていきますので注意して下さい。また、空気に触れますと、いずれカビが生えますので、注意して下さい。

▲戻る


 

きな粉に関する回答

 
アレルギー源はありますか? 
大豆が原料ですので、大豆アレルギーがあります。

▲戻る


皮のまま煎っていますか?皮は入っていますか? 
皮のまま煎っています。皮は入っています。

▲戻る


ポリフェノールは含まれていますか?1日どのくらいまで食べて大丈夫ですか? 
ポリフェノールは含まれています。1日の摂取量に決まりはありませんが大さじ2杯・3杯は問題ないかと思います。

▲戻る


きな粉の風味を逃さないために、どのような保存方法がいいですか?
袋に入っていれば、空気を抜いてしっかり密閉してください。
しかし、開封後は、早めに食べるに越したことはないでしょう。
また、あまり高温多湿なところでの保管は避けるようにしてください。

▲戻る


青きな粉はどうして青いのですか?
原料の大豆が「青大豆」という青(緑)色の大豆だからです。
「うぐいすきな粉」とも呼ばれています。

▲戻る


きな粉の名前は、どうして「きな粉」なのですか?
製品の色が黄色いので、「黄なる粉」という意味で「黄な粉」と言われてきたようです。

▲戻る


黒大豆きな粉は、他のきな粉と比べて、どのように違うのですか?
「黒大豆」から作ったきな粉です。最近「黒大豆」には身体に良い成分がたくさん含まれているとマスコミで取り上げられています。
ちなみに当社の「丹波黒大豆きなこ」は風味も良く大好評をいただいております。

▲戻る


ポテトチップスやかりんとうなど、高温で調理した加工食品に「アクリルアミド」という発ガン物質が多く含まれていることが、厚生労働省から発表されましたが、きな粉は大丈夫ですか?
きな粉の分析値は、1g当たり、118ナノグラムと31ナノグラムという2品の結果です。ポテトチップスの分析値が、多い順に3544ナノグラム、2175ナノグラム、1542ナノグラム・・・で平均値で1570ナノグラムです。また、かりんとうの「二度揚げ」と表示されたものが1895ナノグラム、表示のないもので374ナノグラム、84ナノグラムとなっています。従って、きな粉はポテトチップスに比べて約15〜60分の1、普通のかりんとうとは同じから10分の1くらいの含有量ということになります。
高温で長く加熱する程、アクリルアミドが増加すると言われていますので、ご心配なら「深煎り」「二度煎り」などのきな粉はご遠慮された方がよろしいかと思います。ちなみに。きな粉と同じような作り方をし、きな粉よりも深く煎るコーヒー豆のアクリルアミドが231ナノグラム、153ナノグラムなどと出ています。また、きな粉と同じ大豆が原料である豆腐では検出されていません。

▲戻る


毎日きな粉を食べていますが、アクリルアミドの摂取量は問題ありませんか?
大丈夫です。国立医薬品食品衛生研究所の試薬では、一日のアクリルアミドの摂取量の約1%程度になります。(毎日きな粉を9.4gを摂取した場合)
それよりも、アクリルアミドは、たばこの喫煙や化粧品からも生成されます。まず、禁煙すること、そして喫煙者のけむりを吸わない環境を確保する事の方が大切でしょう。
ポテトチップス、フライドポテト、かりんとう、炒めた玉ネギ、ビスケットなどにアクリルアミドは多く含まれていますので、じゃがいもを湯がく、蒸すなどの調理でたべられると良いといえます。

▲戻る


きな粉の原料は大豆100%ですか?大豆以外に何か混ざっていますか?
大豆100%です。大豆以外には何も混ざっておりません。
ただし、ゴマ・はちみつ糖・はと麦などをブレンドした製品も、当社では品揃えしております。

▲戻る


産地はどこですか?
製品の種類によっていくつかございます。
国内産のものでは、北海道と佐賀県・兵庫県など、外国産ではカナダ産があります。

▲戻る


貴社のきな粉は甘いのですが、砂糖は入っていますか?
砂糖は入っておりません。甘味の強い大豆を選んで原料にしております。
もっと甘味が必要な場合は、召し上がられる時に、お砂糖をお好みの量加えてください。

▲戻る


遺伝子組み換えの大豆を使用していますか?(きな粉全般)
遺伝子組み換えの大豆は使用しておりません。

▲戻る


輸入時の検査について知りたいのですが。
農林水産省、厚生労働省などの国の機関で定められた法律により、船から下ろす前に検査を行っています。
残留農薬の詳しい検査は年に一度以上、輸入商社の協会が行っています。

▲戻る


残留農薬について教えてください。
残留農薬に関しては、検査で安全性を確認しています。(年に一回以上の定期及び随時検査)
また当社で使用している大豆は、中国の北部(黒龍江省)の大豆ですので、中部・南部に比べると栽培の環境がよく、もともと使用している農薬も少ないです。

▲戻る


きな粉牛乳の作り方を教えてください。
牛乳250ccに対して、きな粉大さじ2〜3杯くらいを加え、よく混ぜてお召し上がり下さい。
お好みにより、すり胡麻・ハチミツを加えてお召し上がりください。

▲戻る


きな粉牛乳は一日にどのくらい飲めばいいですか?
一日1〜2杯です。
これによって蛋白質やビタミン、カルシウムの補給にかなり役立ちます。
詳しくは当社HP「モッチーとキナーコのひそひそ話」をご覧ください。

▲戻る


きな粉牛乳を飲むことにより、カロリーや栄養の摂り過ぎにはなりませんか?
摂り過ぎにはなりませんが、一日4杯以上飲まれる場合は、管理(カロリー計算)をされたほうがよろしいかと思います。

▲戻る


きな粉1kgであべかわ餅はいくつ作れますか?
あべかわ餅の1ヶあたりの重量(大きさ)によって異なりますが、一般的な大きさで100個以上は作れると思います。

▲戻る


きな粉を開封して何日くらいもちますか?
密封状態で冷暗所に置いて頂いて約一ヶ月くらい大丈夫です。

▲戻る


長期間置くと、どうなりますか?
脂質の酸化、風味・香りの劣化が起こり、おいしくいただけなくなります。

▲戻る


袋に印字してある日付は賞味期限ですか?製造年月日ですか?
賞味期限です。

▲戻る


開封してから1ヶ月経っているのですが、食べても大丈夫ですか?お腹は壊したりしませんか?(賞味期限内)
食中毒になることはありません。しかし、風味はだんだん薄れてますので、風味がよくなることはありません。賞味期限とは開封前のものですので、開封後は早いうちにお召し上がりください。

▲戻る


乳児にきな粉を与えても大丈夫ですか?
きな粉の原料は大豆ですので、大豆アレルギーがなければ問題ないと思いますが、きな粉も含め、豆腐や納豆などの大豆製品は1〜2歳までのお子様には与えないほうがよろしいかと思います。

▲戻る


きな粉を入れていた容器に色がついて洗っても取れないのですが。
きな粉には油分が含まれておりますので、長期間だと保存に使用している容器に色がつきます。
品質上問題はありません。

▲戻る


賞味期限が他社の製品より長いのですが、保存料が入っているのでしょうか?
保存料は一切使用しておりません。

▲戻る


丹波黒大豆きな粉の黒い粒々は何でしょうか?
黒い粒々は黒大豆の皮の部分が細かくなったものです。(黒大豆の皮は黒いです。)ご安心してお召し上がりください。

▲戻る


賞味期限の過ぎたきな粉を食べてもいいですか?
きな粉に限らず一般論としまして、お召し上がりになられる場合は、その製品の状態を十分にご観察の上、ご自身でご判断ください。
特にきな粉の場合は風味が落ちておいしくいただけない可能性が高いと思われます。

▲戻る


製造はどこで行っていますか?
国内で製造・加工しております。

▲戻る

 


「丸大豆」きな粉という商品がありますが、普通の大豆と違うのですか?
大豆の形は丸いので、敢えてこのように表現するのは(当社としては)どうかと思います。さも普通の大豆より、良い品質であるかのように強調した意味合いにも取れ、流通業者様・消費者の皆様に誤解や混乱を与える可能性もあると思います。ただし、お醤油業界などで、大豆油を絞った後の「脱脂大豆」を原料にした製品と区別するために、普通の大豆の事を「丸大豆」という表現・表示をされる場合はあるようです。しかし、表示上は普通の「大豆」とするのが本来であると当社は思います。

▲戻る


 

片栗粉に関する回答

 
片栗粉に砂糖を混ぜるといいのは本当ですか?
とろみをつける時に、砂糖を加えることがあります。
これは、砂糖に強い保水性があるために片栗粉だけであんかけを作るよりも、でんぷんの分離が少なく粘りがあるとろみが作れるからです。
具体的には、片栗粉に砂糖を少し混ぜて水で溶かして使用するだけですが、混ぜる分量は食味にも影響しますので、お好みに合わせてご自身で調整して下さい。

▲戻る


片栗粉でとろみをつけた料理が冷めると、とろみがなくなるのはなぜですか?
片栗粉の澱粉が水を吸い、これを加熱することによって膨らみ、これが粘りになります。(この状態を「糊化」といいます)そして、この一旦糊化した澱粉は、冷めてくると元の澱粉の状態にもどろうとして、吸収していた水の一部を放つため、粘りが少なくなっていくのです。
温めなおしても、全く同じ状態には戻りません。

▲戻る


片栗のとろみは人の唾液で粘りがなくなりますか?また、粘りを長持ちさせるにはどうしたらいいですか?
人の唾液には消化を助ける酵素があります。頻繁にスプーンや箸などで突っつくととろみはすぐに消えてしまいます。温度70度くらいで粘りが最高になります。

▲戻る


片栗粉は「馬鈴薯澱粉」であると表示されていますが、「馬鈴薯」というのはどういう意味ですか?
馬鈴薯は、じゃがいもの事です。馬鈴薯は、南米や欧州で栽培されていた作物ですが、 明や朝鮮に伝わり日本に持ち込まれました。
(江戸時代)マレー半島でも多く栽培され ていましたので、マレーの薯(いも)ということで「馬来薯」(まれーしょ)と呼ばれ ました。しかし、これが誤字となって、現在の「馬鈴薯」に変わったようです。また、 じゃがいもという呼び名はジャガタラという町を経由して日本に入ってきたので、ジ ャガタラのイモという呼び名からジャガイモに進化したようです。いずれも同じナス 科のイモです。

▲戻る


イモには、芋・薯・藷・蕷と、色々な漢字がありますが、どのように違いますか?
まず、「芋」という字は、全てのイモの総称の漢字として使われます。また、それぞれ は、違うイモの種類を意味します。「薯」は馬鈴薯(じゃがいも)、「藷」は甘藷(さつ まいも)、「蕷」は山芋(やまいも)、そして「芋」の字も区別して使用する場合は、里芋(さといも)を表します。

▲戻る


「分級」片栗粉という商品が売られていますが、これは何ですか?また、扱っていますか?
通常の片栗粉から微粉を除去して、比較的粒径の長い澱粉の比率を高めた、片栗粉です。これは、北海道の「中斜里(なかしゃり)」澱粉の分級SHという製品を、小袋に詰めて、こういう名称で販売されているものです。当社では、「特撰片栗粉300g」という名称・内容量で販売させていただいております。微粉が取り除いてあるので、から揚げの衣にお使いいただきますと、よりパリッとした食感に仕上がります。

▲戻る


ひとつのジャガイモからどれだけの片栗粉がとれますか?
ジャガイモには片栗粉をとるための「紅丸」「トヨアカリ」「コナフブキ」などの品種があり、1kgの片栗粉をとるのに約5kgのジャガイモが必要になります。

▲戻る


片栗粉をとった後に残るジャガイモの粕はどうなりますか?
粕は肥料や餌などになります。

▲戻る


から揚げに使うには量が少ししかありません。どうしたらいいでしょうか?
小麦粉を混ぜて使って下さい。

▲戻る


保存方法を教えて下さい。
常温で保存して下さい。その際、虫など入らぬよう空気を抜いて密閉して下さい。

▲戻る


水溶き片栗粉は、どのくらいの割合でとけばいいでしょうか?
片栗粉に対して同量〜2倍の量の水を入れてよくかき混ぜて下さい。

▲戻る


賞味期限が切れた開封済みの片栗粉は使えますか?
開封済みでも密閉しており、虫の混入の形跡がなく、匂いも特に変わったものでなければ問題ありません。
出来ましたら唐揚げなどの高温処理の用途でお使いになられるのが、よろしいかと思います。

▲戻る


片栗粉の由来を教えて下さい。原材料名は「馬鈴薯」ですが。
片栗粉はもともと、日本の北東部の原野に自生するユリ科のカタクリの根茎から採れるでんぷんのことです。無味無臭で光沢のある粉末で、昔から幼児食や病人食のほか、料理や菓子の材料などに幅広く使われてきました。
 本当の片栗粉は生産量が少ないために値段が高いようで、現在市販されているもののほとんどは、大量生産されていて値段も安い馬鈴薯澱粉に切り替わっているのが現状です。

▲戻る


カリウムは含まれていますか? 
片栗粉10g中3.4mg含まれています。

▲戻る


 

上新粉に関する回答

原料は何ですか。
うるち米100%です。

▲戻る


原料のうるち米とはなんですか?
普通のご飯にするお米のことです。
もち米と区別するために「米」だけでなく、「うるち米」と表示しています。

▲戻る


お団子の作り方を教えて下さい。
上新粉250gにぬるま湯200mlを少しづつ加えながら、耳たぶくらいのやわらかさになるまでよくこねます。生地を棒状に伸ばしてから、適当な大きさに切り分け、丸めます。団子の真ん中をへこませると熱が通りやすくなります。沸騰した湯の中へ入れ、団子が浮き上がって1〜2分してから順にすくいあげ、冷水にとって冷まします。水気をきってお召し上がり下さい。

▲戻る


粉に水をたくさん加えて作ると、もちもちとした食感になるのですか?
お水を多くすると柔らかくなり、少ないと硬めの生地になります。もちもち感が出るのは、もち粉や白玉粉で作った場合に特にそうなります。また砂糖を加えると甘さとともに、少しもちっとした味わいになります。

▲戻る


上新粉で作ったお団子に伸びがなく、うまく出来なかったのですが。もちもちと伸びないのでしょうか?
上新粉の原料はうるち米で、伸びや粘りよりも硬さ(コシの強さ)がある性質ですので、上新粉で作ったお団子は伸びません。もちもちとした食感のお団子にしたい場合、だんご粉やもち粉、白玉粉をお使いください。もち米の配合量が多いほど、よく伸びるお団子になります。

▲戻る


上新粉だけでみたらし団子は作れますか?
上新粉だけで作られますと、もちもち感はないですが、とても歯切れのよいお団子になります。
お好みで白玉粉など、もち米が原料の粉を20〜30%配合して調節してください。生地にコシの強さとともに伸びのあるお団子になります。

▲戻る


上新粉で作ったお団子は、冷凍保存できますか?
できます。召し上がられる時は冷凍のまま、お湯に入れて茹でてください。

▲戻る


コンタミネーションはありますか?
ございません。

▲戻る


 

もち粉に関する回答

 
もち米100%って本当ですか?何も混ざっていないのですか?
当社では国内産のもち米を100%使用して製造しています。
他社の製品は、それぞれの会社の考え方や方針も違いますので、中には外国産のもち米を主に生産されているところもあります。

▲戻る


もち粉と白玉粉はどこがちがいますか?
製法が違うので、性質も違います。
白玉粉は水に漬けたもち米を水挽きをして、圧搾乾燥させて作ります。
もち粉はもち米を水にさらさず、粉砕し乾燥させた粉です。
見かけは粒状ですが、白玉粉のほうがより細かい粒子になっていますので、お団子にしても硬くなりにくい性質になっています。

▲戻る


賞味期限が切れていても、未開封なら使用しても大丈夫ですか?
開封してカビ臭いなど、いつもと違う臭いがするようでしたら使用しないでください。そうでない場合は少しの期間であれば、使用しても差し支えないと思います。
ただし、必ず調理方法に従って加熱を行ってお召し上がりになられますようお願い致します。

▲戻る


もち生地の作り方を教えて下さい。
耐熱容器に水270mlを入れ、もち粉250gを少しづつ加えながらよく混ぜます。ふた(ラップ)をして、電子レンジで約4分間加熱します。レンジから取り出して、生地をよく混ぜ、加熱ムラ(白い粉の状態)がないか確認します。加熱ムラがあれば、さらに30〜40秒加熱します。加熱ムラがなくなるまでレンジ加熱(30秒〜40秒)を繰り返します。少しさましてから適当な大きさに分け、形を整えてきな粉やあんをつけてお召し上がり下さい。

▲戻る


大福を作る時、上新粉を混ぜるとよいと聞きました。もち粉だけで作る場合と違いがありますか。
上新粉を混ぜると、もち粉だけで作るより硬めの生地にになります。逆にお砂糖を加えると柔らかい生地になります。

▲戻る


から揚げの衣に使えますか。
お使いいただけます。

▲戻る


 

だんご粉に関する回答

 
うるち米・もち米の割合は?
当社では、うるち米60〜65%、もち米35〜40%です。

▲戻る


1袋でお団子はいくつ出来ますか?
だんご粉250gに水200ccを加えると450gのお団子の生地になります。
それを1個20gくらいにすると20〜22個のお団子が出来ます。

▲戻る


お団子の作り方を教えて下さい。 
だんご粉250gに水200mlを少しづつ加えながら、耳たぶくらいのやわらかさになるまでよくこねます。適当な大きさに取り分け、手のひらで転がして丸めます。団子の真ん中をへこませると熱が通りやすくなります。沸騰した湯の中へ入れ、団子が浮き上がって1〜2分してから順にすくいあげ、冷水にとって冷まします。水気をきってお召し上がり下さい。

▲戻る


水を入れ過ぎて生地が柔らかくなってしまいました。どうすればいいでしょうか?
だんご粉が余っていれば少しづつ加え、よくこねながら丁度よい硬さになるまで繰り返し行ってください。だんご粉がなければ白玉粉か上新粉、または片栗粉を代用してください。

▲戻る


三色団子を作るのに、砂糖をどれくらい入れればいいのですか?
250gのだんご粉に対して50g前後です。お好みにより加減してください。

▲戻る


三色団子は何で着色すればいいですか。
ピンクの団子には食紅かニンジン(プロセッサーで細かくしたもの)、緑の団子には抹茶粉・よもぎ粉などをお使い下さい。

▲戻る


三色団子を作るのに、砂糖を加えると硬く仕上がるのですがどうしてですか?
砂糖のボディー形成(凝固作用)・老化防止作用の働きでないかと思われます。
お団子内の砂糖が水分を抱え込み、その結果硬くなったと考えられます。
また団子粉にはうるち米が入っており、白玉団子やお餅のようには伸びません。
もう少し柔らかいお団子を作りたい場合、もう少し水を増やすか、もち米が原料の白玉粉を混ぜるとよく伸びるようになります。
だんご粉は蒸すことにより、ふっくらとしますのでお時間がございましたら蒸し、その後ついていただくことにより、より一層粘りが強くなります。

▲戻る


 

本葛に関する回答

 
葛きり・葛餅・わらび餅の違いは何ですか?

葛きり…馬鈴薯澱粉で作られているものがほとんどで、本葛で作られているものはあまり見かけません。
葛 餅…甘藷澱粉、馬鈴薯澱粉やタピオカ澱粉から作られているものがほとんどです。本葛が使われていてもごく少量です。
わらび餅…甘藷澱粉、タピオカ澱粉から作られているものがほとんどです。「本わらび粉」を使ったものは一部のお店を除いてあまりありません。
本来、葛きり、葛餅は「本葛」で、わらび餅は「わらび粉」で作られるべきですが、一部の専門店を除いて市販のものには殆ど使用されていません。

▲戻る


本葛であんにとろみをつける方法を教えて下さい。
水と葛を1:1の割合で溶いてから、あんに加えて加熱して下さい。

▲戻る


葛のとき方について。水150ccに対してどのくらい葛を入れたらよいのでしょうか?
だいたい15g入れていただき、かき混ぜてから火にかけ、水を足していってください。

▲戻る


形状は粉状ですか。
粉状ではなく、粒状のかたまりです。

▲戻る


胡麻豆腐を作りたいのですが、どんな材料が必要ですか?
「葛粉」と「(練り)胡麻」が必要です。
「葛粉」は「本葛」や「吉野本葛」という名前で売られていますので、お買い求めください。

▲戻る


胡麻豆腐の作り方にある「絹ごし胡麻」とはなんですか?どこに売っていますか?
優良な黒胡麻をクリーム状になるまですり潰した胡麻ペーストのことです。
いくつかの百貨店・大型スーパーの食品売り場で販売されています。

▲戻る


残留農薬は大丈夫ですか?
地中の根茎を洗い皮をむいてから、精製・沈殿したもので、地上散布の農薬や土中に含まれる成分の残留はありません。

▲戻る


葛湯の作り方?
葛20g、砂糖小さじ2杯を鍋に入れ、水200mlを少しづつ加えてよく溶き、しゃもじでかき混ぜながら、透明になるまで中火で練り上げます。カップに入れ替えお召し上がり下さい。

▲戻る


お湯をかけて、作ろうとしたら、ダマ状態になった。どうすれば良いか?
粉状のものに熱湯をかけますと、このようになり練ることが出来なくなります。せいぜいぬるま湯まででして下さい。

▲戻る


水に溶かすとダマになります。どうしたらいいですか。
スプーンの背などでつぶしながら混ぜて下さい。すり鉢等で粉状にしてから水を加えるとより溶けやすいです。

▲戻る


原料の産地はどこですか?
国産・奈良です。

▲戻る


 

道明寺粉に関する回答

 
道明寺粉で天ぷらを作りたいのですが、どうすればいいですか?小麦粉を溶いた中へ道明寺粉を入れるのですか?
卵白を適量の水で溶いたものの中に素材を入れてから、道明寺粉をまぶしてください。天ぷらというより変わり揚げに近いものになります。
小麦粉を溶いたものにいれることはあまりないかと思います。

▲戻る


レンジで6分くらい加熱しましたが、硬くて食べられません。
6分は短いです。10分の加熱をして下さい。

▲戻る


 

わらびもち粉に関する回答

 
わらび餅とは何ですか?
澱粉を加熱し、少し固めののり状になったものを冷ましたものです。色は灰色の半透明で、きな粉をつけて召し上がります。

▲戻る


わらびもち粉で何が作れますか?
わらび餅が作れます。餡などを入れられる方もいらっしゃいます。

▲戻る


甘藷デンプンとは何ですか?
さつまいもの澱粉です。当社の使用している澱粉は、鹿児島県産のものです。

▲戻る


牛乳に混ぜて飲んでも良いですか?
わらびもち粉は加熱を前提として製造しております。もし牛乳など液体に加える場合は、加熱してからお召し上がりになられるようおすすめします。

▲戻る


カリウムはどのくらい含まれていますか?
100gあたり4mg含まれています。

▲戻る


原料はわらび粉ではないのですか?また甘藷澱粉で作られたお餅を「わらび餅」と呼んでも差し支えありませんか?
元来「わらび餅」はわらび粉で作られていたと思います。
しかし30〜40年前から行商や和菓子店、小売店で売られるわらび餅に安価な甘藷澱粉が使用されるようになりました。(わらび粉が大変高価になったため)
そしていつの間にか「わらび餅」という名前だけが残るようになり、一般的に通称化しています。片栗粉が元来「片栗」の根の澱粉であったものが、じゃがいも澱粉を原料として通用しているのと同じです。
当社ではそのような状況を踏まえ、原料名に「甘藷芋」と大きく表示させていただいております。
心苦しい部分ではありますが、当社もこの商品化にあたって、一般化された状況を踏まえて考えさせていただいております。

▲戻る


わらび餅を作るときに、水とわらびもち粉と一緒に砂糖を入れてもいいですか?
わらび餅粉の重量に対して、30〜40%くらいまでは加えていただいて結構です。砂糖だけで固まらないように、粉とよく混ぜてから水を入れてください。

▲戻る


水を加えたらさらさらとした液体状なのですが、固まるのでしょうか。
加熱すると粘りが出て固まります。

▲戻る

 


電子レンジでの調理のレシピは?
 《材料》
わらび餅粉・・・100g
砂糖・・・・・・・・40g
水・・・・・・・・・・450cc
※砂糖はかたまりをつぶしてから混ぜてください。

1 耐熱容器にわらびもち粉、砂糖、水を入れてよく混ぜ合わせます。
(粉を完全に溶かしてください)
2 1にラップ材でふたをして、電子レンジで5分加熱します。
3 2を取り出し、木杓子等でよく混ぜます。(白い部分と半透明の部分が出来ているので、全体に混ざるように。)
4 3に再びラップ材でふたをして、電子レンジで5分加熱します。
5 4を取り出し2同様によく混ぜ合わせます。
6 4同様に、電子レンジで2分間加熱します。
7 6を取り出し、よく混ぜ合わせて白い部分がなければ、氷水にスプーン等で一口大の大きさずつすくい落として、冷やして固めます。
※未加熱の白い部分がなくなるまで、加熱を繰り返してください。

☆ご使用の電子レンジのワット数等によって多少加熱時間が異なります。

▲戻る


電子レンジで作ると白いダマがたくさん出来るのですが、どうすれば出来なくなりますか?
混ぜ不足によるものだと思われます。加熱前にまずよく混ぜてください。そして加熱の間に混ぜ返して再加熱し、ダマをなくしてください。
電子レンジ調理が難しいようでしたら、お鍋で作られることをお勧めします。
目で確かめながら作るので調理しやすいかもしれません。

▲戻る


電子レンジで作るときにラップは必要ですか?
電子レンジ調理時にラップは特に必要ありません。

▲戻る


電子レンジで作るときのコツを教えてください。
電子レンジに入れる前に粉ダマをなくすこと。
そして1回目、レンジから出したときにしっかり混ぜ返してください。
まだダマが残るようでしたら、「混ぜ」→「加熱」の作業を1〜2回追加してください。その際「加熱」は30〜40秒で結構ですが、生地の状態に合わせてください。

▲戻る


粉を倍量で作るときは水も倍量入れたらいいのですか?
倍量の水を入れてください。

▲戻る


倍量作る場合、レンジアップの時間も倍ですか?
電子レンジの機種(出量)によって異なります。
レンジアップの時間を倍にするより、レンジにかける回数を増やした方が、失敗が少ないと思います。

▲戻る


作っていると黒くなってきたのですが、作り方が悪いのでしょうか?
完全な白色ではありません。少し黒ずんだ白色です。光加減によってさらに灰色の濃い色に見える場合(箇所)もあります。

▲戻る


お鍋でわらび餅がうまく作れないのですが。
火にかける前に鍋底をすくうようによく混ぜてください。(鍋底のかたまりを完全に溶かしてください。)
牛乳のようになってから火にかけ、中〜強火にしてしゃもじでゆっくりかき混ぜてください。そして固まり始めましたら、弱火にし手早く力強く練ってください。

▲戻る


わらび餅を作ったら気泡が入ってしまうのですが。
混ぜる(練る)のである程度の気泡は入ってしまいます。

▲戻る


わらび餅は無色透明になりますか?
わらび餅は灰色の半透明にしかなりません。無色透明にはなりません。

▲戻る


失敗しない方法を教えてください。
粉と水を混ぜてから、ふるいに通してから火にかけてください。
粘りが出はじめましたら、手早くしっかり練っていただきますと、より舌触りのよりわらび餅が出来ます。

▲戻る


火加減はどのくらいですか?
最初の2分程は強火でかまいません。粘りが出はじめたら中火より弱火に近い状態に下げ、ゆっくり加熱してください。

▲戻る


わらび餅が「透明なのり状」にならないのですが。
当社の表示ミスです。今後改版のときに訂正したいと思います。わらび餅は灰色の半透明になります。無色透明にはなりません。

▲戻る


どうやって冷やせばいいですか?
冷水でそのまま冷やしてください。氷を入れた氷水がよいと思います。冷蔵庫では長時間冷やさないでください。(2時間程度までなら問題はないでしょう)

▲戻る


スプーンですくっても、搾り出し袋を使ってもくっついて、うまく成型できないのですが。
スプーンですくうのが簡単ですが、きれいな球形にはなりません。
加熱後、水で濡らした長方形のようかん型などの容器に流して固め、冷めてから包丁で切られますときれいにできます。

▲戻る


冷蔵庫に入れると白くなるのですが,食べられますか?
白くなったり、やや固くなったりしますが、食べるのに問題はありません。
長く入れておき過ぎると「ナタデココ」のような固さになります。(食べても差し支えありません。)元の状態で食べるには電子レンジで加熱して下さい。

▲戻る


わらび餅を作った後の鍋に、わらび餅がこびりついて取れません。どうしたら簡単に取れますか?
鍋に水又はぬるま湯をはって、しばらく置かれますと取れやすくなります。
お好み焼きで使うコテの小さ目のもので、こするようにすくうと楽に取れます。
またこびりつきを防止するために3層鍋などの厚みのある鍋を使用されるほうがいいです。

▲戻る


どれくらい日持ちしますか?
保存料は一切使用しておりませんので、出来ればお作りになられたその日の内にお召し上がりください。

▲戻る


作ったものを次の日食べるには、どう保存すればいいですか?
冷たい水に漬けたまま置いてください。あるいはお皿か密閉容器に入れて保管してください。ただし、前日より固くなります。

▲戻る


わらび餅が粉から餅になるのは化学反応なんですか?
澱粉のα化によるものです。ご飯でのりを作るのと同じ原理です。

▲戻る


去年に開封した残りのわらびもち粉は使用できますか?
開封後はなるべくお早めにお召し上がりください。
カビ臭がある場合、目に見えなくてもカビが発生していることがありますので、召し上がらない方がよいかと思います。

▲戻る


本わらび粉は売っていますか?
当社では本わらび粉(100%のもの)は販売しておりません。 
但し、本わらび粉を10%配合した「本蕨使用・わらび餅粉80g」という商品はございます。

▲戻る


わらびもち以外の食べ方はありますか?
ごま豆腐、水饅頭、パン、から揚げなどの材料として使えます。

▲戻る


 

コーンスターチに関する回答

 
コーンスターチの原料は何ですか?
とうもろこし100%です。(加工に無水亜硫酸を使用しています)

▲戻る


片栗粉との違いは?
とろみの付き方が違います。唐揚げの場合はほぼ同じような感じでお使い頂けます。コーンスターチのほうがむしろカラっと揚がります。

▲戻る


屋外行事に使う為、水に溶かして長時間置いておいても大丈夫ですか?
屋外では傷む可能性があります。

▲戻る


ベーキングパウダーと同じものですか?用途は?
ベーキングパウダーは膨らし粉ですので全く違います。手近な用途としまして唐揚げがあります。

▲戻る


亜硫酸塩はなぜ入っているのでしょうか?
酸化防止剤として使用しています。化合物です。

▲戻る


小麦・卵・乳製品は混ざっていますか?
小麦・卵・乳製品は入っておりません。

▲戻る


 

浮き粉に関する回答

 
浮き粉の原料は何ですか?
小麦粉から作る上質の澱粉です。

▲戻る


たこ焼きに浮き粉をいれるとどういいのですか?
口当たりのよいたこ焼きができます。色も白めに仕上がり、とても上品な感じになります。

▲戻る


浮き粉の用途は何ですか?
たこ焼きや水餃子です。片栗粉と同じように使用してください。

▲戻る


たこ焼きを作るときの浮き粉の割合を教えてください。
たこ焼きの種類にもよりますが、20〜50%の割合で混ぜてください。

▲戻る


ロールケーキに入れる割合はどれぐらいですか?
10%くらいです。

▲戻る


だし巻き玉子に入れる割合はどれぐらいですか?
20%くらいです。

▲戻る


 

もちとり粉に関する回答

 
もちとり粉・片栗粉以外でもちとり粉として使える粉はありますか?
コーンスターチがあります。また上新粉(米粉)を使われる地域もあります。

▲戻る


もちとり粉・片栗粉・コーンスターチはどう違うのですか?

もちとり粉 コーンスターチと同じ、とうもろこし澱粉です。
ただし、コーンスターチ以外のものをもちとり粉に使用されている会社もあります。
片栗粉 じゃがいも澱粉です。
コーンスターチ とうもろこし澱粉です。

▲戻る


コーンスターチを使用しているが、他社は何を使用しているのか?
昔は米粉が多かったと重いますが、片栗粉やコーンスターチを使われているメーカーが増えています。

▲戻る


片栗粉と上新粉、どちらを使った方がいいですか?
どちらでも構わないと思いますが、片栗粉の方が安価なので、よろしいかと思います。

▲戻る


小麦成分は含まれていませんか?
含まれていません。

▲戻る


片栗粉と同じように使えますか?
弊社のもちとり粉はコーンスターチですので、とろみ付けやから揚げの衣にお使い下さい。

▲戻る


 

そば粉に関する回答

 
原料はそば粉だけですか?
はい。そば粉100%です。

▲戻る


そば湯の作り方を教えて下さい。
そば粉10gに対して150mlで、だし又はお醤油・塩などで味付けしてお召しあがり下さい。お好みで加減をして下さい。

▲戻る


そば粉の食べ方を教えて下さい。
お鍋のつゆ・お味噌汁・すまし汁等のつゆで捏ねて団子状にします。お鍋等の汁に漬けてお召し上がり下さい。

▲戻る


そば粉を使った料理を教えて下さい。
ガレット、そばぼうろ、パウンドケーキなどが作れます。

▲戻る


白いご飯に直接かけても大丈夫ですか?
すぐ食べられるのであれば問題ありません。

▲戻る


 

かしわ餅粉に関する回答

 
柏餅を作り、生の葉に包んで蒸すとお餅がくっつきます。お店で売っているみたいにくっつかないようにするにはどうしたらいいですか?
お餅と生の葉を別々に蒸して、それぞれが蒸しあがってから葉でお餅を包んで下さい。

▲戻る


 

米の粉に関する回答

 
同じ工場で小麦を使った商品を作っていますか?
同じ建物では作っていません。

▲戻る


パンを焼くことはできますか?
できます。グルテンを別でお買い求め頂き加えて下さい。

▲戻る


 

はったい粉に関する回答

 
2日に1袋たべています。問題ないですか?
やや多い感じですが、それで便秘になられているようでしたら、少し量を減らして下さい。牛乳と一緒に召し上がると良いです。

▲戻る


原料の大麦は皮も入っていますか?
入っています。

▲戻る


白いご飯に直接かけても大丈夫ですか?
問題ございません。

▲戻る


 

その他和粉に関する回答

 
お団子を作るにはどの粉が適していますか?
上新粉は、うるち米を使用しているので粘りやもちもち感はなく歯ごたえのあるお団子になります。もち粉は、もち米を使用しているのでなめらかで柔らかいお団子になります。だんご粉はもち米とうるち米をブレンドしているのでほどよい硬さのお団子ができます。

▲戻る