モッチとキナーコ美味しいひそひそ話

 

 
第1章 久しぶりの再会
モッチ キナーコさん、こんにちは。
キナーコ ヤッホー、モッチ君。
モッチ しばらくぶりだね。元気にしてた?
キナーコ やだぁー、私はずっと真面目にしてるわ。モッチ君こそ、遊びまわってるんじゃない?
モッチ そんなことないよぉー。でも最近、キナーコさんは、牛乳君とばかり一緒にいるね。(畜生!)
キナーコ そうなの。「きな粉牛乳」が体に良いとかで、毎朝、飲まれる方が多いの。牛乳が少し苦手な人でも、きな粉の香ばしさで飲みやすくなるみたいよ。
モッチ でも牛乳って、混ぜにくいんじゃないの?
キナーコ そりゃ、コーヒーだってココアだって、冷たい牛乳には混ざりにくいわ。混ざりやすくするには、粉に牛乳を入れる前に熱湯を少し注いで混ぜるとよく溶けるわ。ココアだってそうするでしょ。
モッチ じゃあ、こういうことだね。まず、カップにきな粉をおおさじ2〜3杯入れる。次に、熱湯を少し注ぎ、よく混ぜる。そして牛乳を入れて混ぜる。そのまま飲んでも良いし、温めて飲みたい時は電子レンジで2分、チンする。
キナーコ ピンポーン!少し甘味が欲しい人は、砂糖か蜂蜜を入れてもおいしいわよ。
モッチ なるほどなぁ、簡単で美味しそうだね。
キナーコ まず何といっても、体に良いということ。そして、安いこと。さらには美味しいってことかなぁ。手軽で親しみやすい食品の組み合わせということもあるでしょうね。
モッチ そうかぁー、僕はキナーコさんと相思相愛だと思っていたけれど、君の心は既に牛乳君に移ってしまっているんだねぇー、クククゥー・・・。
キナーコ モッチ君、心配しないで。私とあなたはずっと赤い糸で結ばれているわ。でも、ホントに牛乳さんとは相性がいいみたい。
モッチ 僕も得意の粘り腰で頑張るぞぉー!ねぇー、キナーコさん、もう少しお話ししていい?
キナーコ モチろん、いいわよ。じゃあ、次の章では、牛乳さんとの合作「きな粉牛乳」についてもう少し教えてあげるわ。
モッチ 僕が焼き餅を焼かない程度にお願いしまぁーす。

▲戻る

 
第2章 快便と人生観
モッチ 「きな粉牛乳」って、ブームになってどのくらいになる?
キナーコ そうね、バブルがはじけて世の中全体が少し、質実・質素な方向に行き始めてからかしら。でも、今やブームとは言えないわ。
モッチ というと、ブームが終わったってこと?
キナーコ 違うの、完全に食習慣として定着したっていうことなの。
モッチ でも、他にもいっぱいブームになった食品・食材があるけれど、ほとんどがいっときのブームで終わってしまったのに、なんで「きな粉牛乳」だけが定着したのかなぁー。
キナーコ 私が、美人で魅力あるからなの、なぁーんちゃって!ホントはね、やっぱり、体にそれなりの効果があるからだと思うの。
モッチ そうだよね、ブームが定着するには、繰り返し愛用されるヘビーユーザー、愛好家が誕生しないといけないもんね。
キナーコ そうなの。数日試して、続かないのが普通だと思うの。でも「きな粉牛乳」は、定着したわ。
モッチ 実際、どんな効果があるのかなぁ。
キナーコ 個人差はあるでしょうけど、一番は「快便」ってことよね。食事中の方にはごめんなさい。でも、毎日気持ちよく排便できるってことは、幸せなことですよね。
モッチ 僕なんか、2日も出ない時があるかと思ったら、下痢して1日に何回もトイレに駆け込むこともあるんだ。
キナーコ そんな自慢そうにしゃべってどうするの?(^^;)
「快便」は毎日を豊かに過ごすには絶対必要なことだと思うわ。「きな粉牛乳」を始めて、トイレに行くのが楽しみになった人も多いのよ。
モッチ それはなんぼ何でも、ウソでしょー。(関西弁です。便ではありません)
キナーコ ウソだと思うなら、やってごらんよ。人生観が変わるから。
モッチ 確かにトイレで過ごす時間は、馬鹿にはできないけれど・・・。
キナーコ 昔からよく言うでしょう。三上(さんじょう)って。馬上(ばじょう)・枕上(ちんじょう)・厠上(しじょう)。最もひらめきの出やすい場所なの。
モッチ そうか、快便ってことは、厠で気持ち良く過ごせるから、良いアイデアも浮かびやすいってことか。確かに人生観が変わるかも。

▲戻る

 
第3章 参りました。
モッチ キナーコさん、面白そうだからもっと「きな粉牛乳」の話を聞かせて下さい。
キナーコ 焼き餅、焼くんじゃないの?
モッチ 大丈夫です。キナーコさんと牛乳君の合作が、とっても世の中のお役に立っているっていうことがわかったから。
キナーコ 了解!
モッチ じゃあ、話の続きに戻るけど、快便以外の効果ってあるの?
キナーコ そうね、ここからは個人差もあるから微妙な話になるけどいいかしら。きな粉にはビタミンB1がとても多く含まれているの。
モッチ ビタミンB1はどんな効果があるの?
キナーコ 疲労回復、イライラ防止、学習能力の向上などに関係しているの。1日の必要量は幼児で約0.5〜0.8mg、大人で約1mg必要よ。たとえば、「きな粉牛乳」で1回に20gのきな粉を使用したとすると、ビタミンB1は約0.15mg含まれているから、全て消化吸収されれば、幼児で20〜30%、大人で15%に相当するの。
モッチ すごいんだね!
キナーコ でも、もっといいことがあるの。牛乳にもビタミンB1が含まれているから、例えば250ccの牛乳で飲んだとすると、きな粉と合わせて計算すると、幼児の場合で30〜50%、大人で20〜30%になるの。
モッチ またまた、びっくり!
キナーコ もっとすごいことを教えてあげるわ。高血圧を予防するカリウムが、20gで約400mgも含まれているの。これは、大人1日の必要量の20%になるわ。これも牛乳と合わせて計算すると、40%になるの。
モッチ すごい。でもキナーコさん、よく知っているね。
キナーコ 自分のことだもん、当たり前よ。でも、まだまだあるわよ。同じようにいうと、カルシウムは1日の必要量の何と50%!ビタミンB2は40%になるわ。
モッチ 参りました。まさかここまですごいとは。日本人はカルシウム不足って言うけど、「きな粉牛乳」を毎日飲んでいれば全然問題ないじゃない。ホント、安心しました。

▲戻る

 
第4章 畑の肉
モッチ これだけ効能を聞くと、いやー、僕も毎朝、「きな粉牛乳」をのもうかなぁーとついつい思っちゃいます。
キナーコ まだまだ話の続きはあるの。
モッチ えーっ、まだ良いことがあるんですか?
キナーコ そうなの。「きな粉牛乳」で、鉄分が1日の必要量の約20%、たんぱく質も成人男性で20〜25%、女性で30%になるわ。最も、全部キチンと吸収されての話だけどね。
モッチ アンビリーバブル!こんな食べ物が身近にあったんですねぇー。
キナーコ きな粉は、「畑の肉」といわれている大豆から作られているの。大豆は良質な植物性のたんぱく質の供給源として、とても評価が高いのよ。
モッチ そうか、たんぱく質といったら牛肉や豚肉を連想するけど、「畑の肉」とはうまいこと言うなぁ。
キナーコ たんぱく質だけじゃなくて、脂質も優れていると言われているの。1993年にアメリカの栄養学会の特別委員会で、善玉の脂肪源として大豆が推奨されているわ。
モッチ 同じたんぱく質でも、動物性とは違うんだ。
キナーコ 最近、肉食の比率が増えたために、日本では生活習慣病(成人病)が急増しているの。元々の日本の伝統食は、きな粉を始め、みそ・豆腐・納豆・しょう油など大豆を原料とした食品と、米・魚・野菜が基本なの。特に、昭和初期の頃の日本の食事が、理想的な栄養バランスであったとの報告がアメリカでも行われているのは有名な話よ。
モッチ ということは、最近はカロリーの取りすぎ、脂肪分の取りすぎってこと?
キナーコ 肉食が増えると、どうしても悪玉の脂肪も摂取してしまうの。また、 人間の体が一定以上太ると、ますます、やせにくくなる性質・構造になっていることが、最近の研究でわかってきたの。日本人の食生活も早く転換しないと大変なことになるわ。
モッチ ダイエットも必要だけど、必要な栄養素も取りながらしないといけないよね。
キナーコ まさにその通り!単なるカロリー制限は、かえって危険だわ。必要な栄養素をしっかり取りながらやらないとね。
モッチ わかった!「きな粉牛乳」がダイエットにぴったりだって言いたいんだろ。
キナーコ そうよ。じゃあ、その話から次は入りましょう。

▲戻る

 
第5章 マスコミ大ブレーク!
モッチ そう言えば、何年か前に「美人女優が、きな粉牛乳でダイエット」という記事を女性週刊誌で見たような、読んだような気がするな。
キナーコ そうよ、当時クイズ番組やドラマで人気絶頂だった若手タレントNo.1のS.Aさんが、週刊誌でダイエット成功の手記を発表、すごい反響を呼んだのよ。
モッチ 確かにスタイル抜群の女優さんだから、インパクトがあったよね。
キナーコ そして、数ヵ月後、「思いっきりテレビ」で取り上げられ、大ブレークしたってわけ。
モッチ それからどんどん健康雑誌でも取り上げられたよね。
キナーコ そうなの。「きな粉牛乳」のすごいところは、一回きりじゃなくて、何度も繰り返して取り上げられ、しかも読者の反響がいつもついてきたという点なの。
モッチ それはつまり、先ほどまで色々教えてもらった「きな粉牛乳」の効用が実際にあったからなんだ。
キナーコ 今の時代は、TV・ラジオ・全国紙などマスコミを通じたシャワー式の流行と、口コミ・噂など湧き水式の流行があるじゃない。「きな粉牛乳」はシャワーで広まって、すぐ湧き水にもなって定着してしまったということなの。
モッチ なるほど。最近はどうなの?
キナーコ 今は大きく増加はしていないけれど、減少もしていないので完全に定着したと言えるわ。
モッチ 健康に気を使っている人が多いんだ。
キナーコ それとやっぱり手軽なのと価格が安いからだと思うの。「きな粉牛乳」に入れるきな粉のコストって、たかだか一回20円くらいでしょ。牛乳代は別にしても、これで毎日済むんだから他の食品では考えられないわ。
モッチ そうか、もし1日2回「きな粉牛乳」を飲んで、あと1食だけにして・・・。食費がだいぶん浮くね。そしてダイエットもできる。
キナーコ 男の子はそんな心配ないでしょ。でも、体にはマジにいいかも。
モッチ 納豆は臭いがきついし、豆腐はこわれやすいし、その点、大豆製品の中でもきな粉は日持ちもするし、便利で重宝だね。
キナーコ そんなこと言わずに、納豆も豆腐もよろしくね。じゃあ、そろそろモッチ君の自慢話教えてほしいわ。

▲戻る

 
第6章 多国籍?無国籍?
モッチ キナーコさん、スーパーに行ったら、お餅売っているの見たことある?
キナーコ モチろん!
モッチ OK!じゃあ、どこの売り場で売っているかなぁ?
キナーコ えぇっーと・・・、食パンの横だったかなぁー、いや、お米の横だったかなぁー・・・、えー、わかんない。
モッチ 正解は、アチコチです。
キナーコ どういうことよ。
モッチ お餅は、多国籍であり、無国籍なんだ。つまり、食品の種類で分けようにも色んな分け方をされてしまうんだ。例えば、日持ちのする硬いお餅は、あられ・スナックなどお菓子売場の一角に置かれる場合もあるし、お米売場に並んでいる場合もある。逆に、日持ちのしない柔らかいお餅や和菓子なんかは、食パンやケーキ・洋菓子に近い売場に置いて売られることが多いんだ。また年末の売れる時期になると、目立つ場所にたくさん置かれて、他の食品と一緒に売られるようになる。キナーコさんと一緒に並ぶこともあるよね。
キナーコ そういえば、12月だけモッチさんと一緒に置かれることがあったわ。
モッチ 年末だけは、お正月商品として目立つんだけど、あとはたまに鍋物フェアーとかで目玉にされて・・・。
キナーコ 目玉ってなあに?
モッチ 普段の価格より少し安い価格にして、目立つ場所で売られることさ。たまにスポットライトを浴びるのは、それなりにうれしいものさ。
キナーコ でも、それ以外の季節はどうしてるの?
モッチ どこかにじっと潜んでるんだ。でも、本当はずっと目立つ場所に居たいんだけどな。
キナーコ 冬場以外は人気がないから、目立つ場所からはずされるんでしょ。
モッチ そうなんだけど、ホントはもっと売れると思ってるんだ。だって、僕は他の食品に無い特長があるんだもん。
キナーコ 面白そう!じゃあ、勉強させてね。

▲戻る

 
第7章 マラソン選手の必需品
モッチ キナーコさんは、マラソンをします?
キナーコ しないけど、見るのは好きだわ。2時間余りくぎ付けになってしまうわ。あと、駅伝も好き!
モッチ 彼らが朝、何をよく食べているか、知ってる?
キナーコ 何だろう?ごはん、それとも縁起をかついでカツどんかなぁ?
モッチ 実は、結構多くの選手が、お餅を食べているんだって。特に、一流選手ほど食べているんだ。以前、エチオピアから来ていた有名選手も優勝後のインタビューで、「今朝、お餅をいっぱい食べてきました。」と言ってたくらい、ポピュラーなんだよ。女子の選手もお餅が大好きらしい。
キナーコ へぇー、そうなんだ。でも、どうしてそんなに愛用されているの?
モッチ スポーツをする前って、あんまりたくさん食べると、途中でおなかが痛くなったりするでしょ。
キナーコ そう言えば、昔、そういう経験したわ。
モッチ お餅は消化が良いのさ。ほんの少量食べると早く吸収されるけど、普通に食べると胃の中でじっくりと消化吸収されるんだ。だからエネルギーにゆっくり転換されて長持ちすることになるんだね。マラソン選手にレースの5〜6時間以上前に、200〜300gくらいのお餅を食べる人がいる。切り餅では4、5切れ、まる餅なら7、8個になるかなぁ。
キナーコ それだけ食べても胃にもたれないの?
モッチ 勿論、消化のスピードが遅いので、必要以上に早くたくさん食べ過ぎるとダメだよ。おかずを減らしたり、食べ方は工夫してね。マラソンや駅伝のように、体力、つまりカロリーを相当量消費するスポーツには良質のカロリー源が必要なのさ。勿論、レースの途中でドリンクなどで補給する技術も進んでいるけど、基本的なカロリーはやっぱりレース前に作っとかないとね。
キナーコ ひょっとして日本人が伝統的にマラソンに強いのは、お餅のおかげってことが言いたいわけ?
モッチ そこまでは言わないけれど、でも、お餅の貢献度もかなりあるのは事実さ。実は、肉食主体の人種は瞬発力が強く、穀物主体の人種は持久力が強いという実験結果もある。
キナーコ まさに、体力の「持ち」がいい、お餅パワーね。

▲戻る

次ページへ